英語が上達しない理由は、「英語が書けないから」~和文英訳の練習は会話力にも重要です~

英語が上達しない理由ははっきりしています。

英語が上達しない理由ははっきりしています。

それは、「英語が書けないから」です。

英語がいつまでも上達しない。
地に足のついた英語力をつけたい。と思っている人はいませんか?

でしたら、あなたが成功しない理由はただひとつ「英語が書けない」からです。

和文英訳の練習をしていない

正確に言うと「和文英訳」の練習をしていないからです。

英会話学校やネイティブの英語の先生は、日本語で考えずに英語を書きなさいと言いますが、「英語に自信がない人に、自然に英語が浮かんでくる」でしょうか?

少し考えただけでも、そのような学習法は苦痛で時間の無駄であることが分かります。

英文を書ける人なら、読むことも聞き取ることも出来る考えてみてください。ある英文を書ける人が、その同じレベルの英文を読めないということはありうるでしょうか。

また(発音の問題を別にすれば)その書ける英文をゆっくりでも正確に発音できれば、それは「話せている」ということですね。
そして、自分が話せるレベルの英文が(耳の問題は別とすれば)聞き取れないということはありませんね。会話というのは条件反射的な瞬発力を得るための別のトレーニングは必要ですが、少なくとも「書く(=英文を組み立てる)力」がないことには始まらないということはおわかりですね。

和文英訳を徹底的に練習したことはありますか?


そこで、英語に自信をもてない人にうかがいます。あなたはこれまで和文英訳を徹底的に学習した(or させられた)ことはありませすか。たぶんないと思います。また、会話はできないが、英文はすらすら書けるという人はいますか。たぶんいないと思います。私の教え子のなかで、短期間でプロになることに成功した生徒はほとんど例外なく英作文の達人でした。これは言語学的に考えても当然すぎることですし、私個人の学習経験からしても、外国語を書く力をつ
けたとたんすべての道がひらけました。


会話力を高めたい人にも特に重要です。


英語を書くことに自信をもてた人は、言葉というものに本質がわかっているので、その後いろいろな機会に英語に接した分だけ語彙や語法もスポンジのように吸収できるようになり、読んだり会話をしたりする能力も面白いように上達するのです。

まがりなりにも、ビジネス、学問研究など、正式な英語を高度に運用できるよ
うになりたい人は、会話のことはいったん脇において、文章講読と和文英訳の仕方をマスターしてみてください。

すると、どんどん霧が晴れてくるように言葉の仕組みがわかってきて、英語の学習が楽しくてたまらなくなるでしょうし、日本語にも興味が出てきて日本語を客観的に見るようになります。こうなれば、会話力の習得はそう時間がかかりませんし、あなたの書く日本語も飛躍的に改善されるでしょう。

当校のプログラムでは、苦しい学習は強要しておりません。


このプログラムでは「苦しい学習」は強要しません。それは学習者に媚びて甘やかすという意味ではありません。あなたがこれまで、英語の勉強がすぐつまらなくなる、苦しくなると感じることがあったら、それは、やり方を教わらず目標を示されずに練習を強いられたからです。

このプログラムはテストではありませんので、出された課題はむしろあなたのウィークポイントを見つけるためのものなので、わからない問題は無理に答える必要はないからです。ただし、見つかった弱点については徹底的に治療す
るためのフォローアップ練習は充分にする必要があります。

英語の学習で苦しく感じるのは、学習の仕方がわからないから


学習というものは、わかるとどんどん楽しくなるもので、わからないと苦しいものです。それは皆さんも経験したことがあるでしょう。英語の学習で苦しく感じるのは、学習の仕方がわからないからです。

英語の落ちこぼれだった私も、実はむかし英語を勉強するのが苦痛でした。それも当然で、何をどのようにすればよいのか(そして、それはなぜなのか)指導を受けずにただノルマだけをこなそうとしても達成感が感じられず、勉強が苦痛になってしまうのです。

英語の正しい学習方法を会得して、短期間で実力アップしたい方は、ぜひ当校のプログラムを受講ください。

各プログラム・料金はこちら 

https://polyglot.jp/blogs/special-course-re-english

お問い合わせ

※通常、1営業日以内にお返事をしていますので、お返事がない場合は迷惑メールボックスをご確認ください。

もしくはmercurio@polyglot.jpにご連絡をお願い致します。