【ビジネス英文レター作成の習得講座】英語を自信もってかける様になると誤訳が減り、会話も苦にならなくなる

ポリグロット外国語研究所では、次のような悩みをお持ちの人にたびたび接してきました。

・これまでいろいろな機会に英語をやり直そうとしたがうまくいか
かったという人

・そこそこ読み書きできて話せるつもりだが、自分で英語ができる
 思った気持ちになったことがない人、

・一応既に翻訳の仕事を始めている、または、英語の教師をしてい
人で実は自分の英語に自信が持てないという人

私だって、すらすら辞書なしで読み書きできるとか、ペラペラ勝手
英語が出てきてしまうなどと思ったことはないのですが、それでも
私はあるときから、自分の英語力に自信がもてなくても、あまり苦
ならなくなりました。

英語を自身もって書けるようになると、英語の誤訳が減り、会話も苦にならなくなる。


その「あるとき」とは、英語を自信もって書けるようになったとき
す。正確に言うと「一応辞書とか参考書を見れば、ネイティブが読
で誤解されることはないだろうと思われる英文を書く方法を、自分
会得したな~」と思えたときでした。
別の説明の仕方をすると、ある仕事を完成させる必要があるときに
その仕事で求められる知識と自分のもっている知識とを比較分析し
て、自分に足りないスキルをどのように補えればよいか、評価でき
る方法論を会得したときでした。

どうして、そのような「境地」に入れたかはここでは略させていた
だくとして、大事なことはともかく、それ以来、英語の翻訳をして
いて誤訳することが極端に少なくなった(解釈に自信もって「自信
がない」と言えるようになったのです。

作文力を付けた後は、専門分野の語彙を強化することで会話もできる様になる

そして、会話も苦にならなくなりました。もちろんペラペラとはい
かないけれど、なぜペラペラでないのかが、自分で自己分析できる
ようになったので、それ以来、自分がコミュニケーションしたいと
思う(分野の)友達と、そのトーク内容に必要な語彙を強化すれば
いいのですから、会話についてもがぜん自信が持てるようになった
のです。

因みに、いわゆる「ペラペラ」になりたい方のために言うと、どの
ようにすればペラペラになるか、それがその学習者にとって実現で
きるかどうかも分析できますよ。結局、結論を言うと、日本人の語
学学習者は学習方法を科学的に分析しないやっている、ということ
につきます。なぜなら、そういう教え方を教わっていないからです


ビジネス英語は難しいものだと勘違いしている人が多い 

ビジネス英語は習得しやすいにもかかわらず、難しいものだと勘違
いしている人が多く、みな、実は一番難しい「日常会話」から習得
しようとしています。ま、一般学習者でお金になるかどうかは関心
なくて、外国人とコミュニケーションしたい人はそれでもいいので
すが、ビジネスで海外とのコミュニケーション能力を求められてい
る人にとっては、これは、ホームランを打つことを期待されている
選手が、ピッチングのトレーニングをしているようなものです。

ビジネス英語の特徴を理解しよう

さて、ビジネス英語というのは、実は、普通の日常会話よりはるか
に短期間で習得しやすいのです。それはいくつか理由があります。

1)ビジネスコミュニケーションの手紙や文書はブロークンでない
(英語で一番難しいのは巷の英語や幼児の英語だということはおわ
かりですか)

2)話し相手は或る程度教養あるネイティブで、しかもビジネスの
時にはブロークンでない正式な英語を話す。金がからんでいるので
なるべく外国人である我々にもわかりやすく丁寧に話そうとする

3)口語的で聞き取りにくい群動詞はあまり使わず、フランス語系
の3~4音節の語が文の中で重要な意味を担っているので、強調し
て発音するので、聞き取りが楽である

などです。

それで、ブロークンでないということは重要で、そうするとビジネ
スの英文は、ほぼルール通りに組み立てられているのですから、重
要なルールだけ頭に叩き込んで、後は皆さんがたずさわっている業
界の語彙をしっかり覚えておけばよいということになります。しか
も、ビジネス業界では、それぞれの業界の英単語は、相当なパーセ
ンテージ、日本語にカタカナ語になっていますから、一部のトリッ
キーな和製英語を気をつければ、意外なほどすぐに話せ、書けるよ
うになるものなのです。

このビジネス英語の特徴を逆手にとって、短期間でビジネスで使え
る英語を身につけていただくべく、言語学的手法を総動員して制作
したのがこの一連のプログラムがこちらです。

https://polyglot.jp/blogs/new-course/eg-bus-letter-re-eng-hybrid

詳細はリンクをご覧頂ければと思いますが、講座メソッドの特徴をご紹介します。


【講座メソッドの特徴】



1)ごく基本的な語形変化はみなさん既に習得していると仮定して
進めます。でも、習得していない人は悲観するには及びません。ち
ょっとだけ歩みを止めて遠回りしていただきます(この講座は学習
進度は自分で調整できます)が、語形変化のルールをひとつひとつ
復習していきます。

2)英文の決まりを、日本語と比較しながらひとつひとつ確認して
いきますので、途中でわからなくなることはないようにしています

3)語形変化が身についている人には、この「決まり」はたいして
複雑ではありません。毎日毎日、新しいルールを確認するたびに、
面白いように英文が作れて行きます。

英文が正しく作れれば、そのレベルの英文が読めないということは
ありえませんし、それを口に出して発音できれば、それは「話せる
ということになり、自分が話せる英文を聞き取れないということは
あまりない、ということなのです。

 

こちらはポリグロットの再チャレンジ英語講座の内容も取り入れた、ハイブリッド講座となっていますので、ビジネス英語と再チャレンジ英語の両方を同時に行うことが出来る内容です。ご興味のある方はどうぞご連絡ください。

 

 

 

お問い合わせ

※通常、1営業日以内にお返事をしていますので、お返事がない場合は迷惑メールボックスをご確認ください。

もしくはmercurio@polyglot.jpにご連絡をお願い致します。